2006年12月14日

ペリーのいくら丼

こんにちはわーい(嬉しい顔)ペル子です☆

今回は、いろんな方のブログを見てずっと行きたかったお店にやっと行けたのでレポートしますわーい(嬉しい顔)揺れるハート

それは心斎橋にあるペリーのいくら丼
知ってる方もおられるでしょうぴかぴか(新しい)

店名そのままのお店ですレストラン

いつも必ずご飯食べる所は相当迷うのですが
その日は遊びに行った先でアスペルガー君もわたくしペル子も
「ペリーのいくら丼が食べたい!!」ダッシュ(走り出すさま)
と突然の意見一致。
早速アスペル君の携帯でyahoo!検索。
いや〜便利ひらめき
意外と近くて気がはやります揺れるハート

そしてやっと見つけましたるんるん
外観.JPG

なんだかスナックのような一画にありましたが無事到着決定

カウンターのみのこじんまりした店内は白熱灯で照らされあったかい雰囲気ひらめき
頼むのはもちろん「いくら丼ー!!!」
しかしいくらの種類は2種類。

・皮が硬くプチプチとした食感
        
・脂がのってて軟らかい食感

がありました☆
2人なので両方頼み、ワクワクして待ちます揺れるハート


サービスでついて来る味噌こんにゃくおでんをまずは食し、
期待が高まります揺れるハート

konnnyaku.JPG


来ましたー!


大きい粒.JPGぷっちぷち


小さい粒.JPGやらかい(大盛り+200円)



どうですかこの輝きぴかぴか(新しい)
お好みでわさびと共に口に入れると・・おいしい・・・。
皮が硬い方はこれまで食べてきたいくらとは違って
口の中で噛むとはじけるプッチプチの食感が良いですぴかぴか(新しい)
軟らかい方はお箸でもすぐにつぶれてトロっとごはんによく絡みますぴかぴか(新しい)

そして味ですが、何て言うんでしょう。笑
これまた今までお寿司として食べて来た醤油味の塩辛いいくらではないんです。
だしの旨みがきいたマイルドなお味ですグッド(上向き矢印)
醤油・みりん・酒・昆布のオリジナル調味液に漬け込んで仕上げているそうですぴかぴか(新しい)

私は食感重視のプチプチの方が好きでした黒ハート
アスペル君はとろとろ食感の方が好きだそうです黒ハート


北海道直送のいくら丼。
付出しの味噌煮込みおでん一品付きで、なんと680円exclamation×2
この値段にはびっくりです☆

夏場にはウニ丼もあり、ウニといくらが半分ずつのった丼もあるそうですぴかぴか(新しい)


お持ち帰りも容器代10円かかりますが、ご飯といくらは別々の容器に入れてくれるし、
付きだしの味噌煮込みおでんもちゃんと付くんですぴかぴか(新しい)

持ち帰って家できゅうりでも添えて食べたいな〜って思いましたハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)

あの味を思い出すとすでにまた食べたいですo(^-^)o


おわり。



おまけkani.JPGかに汁


-----------
【場所】大阪市中央区東心斎橋2-2-7
    タワーエステートビル1F
【電話番号】06-6211-1123
【営業時間】12:30〜22:00(売り切れ次第閉店)
【定休日】不定休
-----------
posted by 近畿地方であそブロガー at 00:47| Comment(0) |  ・中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。